椿づくし

松島検校

調弦【三絃】本調子→二上り

調弦【箏】半雲井調子→平調子


歌詞:

つらつら椿 春秋の 名は千里まで鷹が峰
その本阿弥の花の色 白きを後の写し絵や
いかで及ばん妙蓮寺 薄紅に濃き紅は
同じ花形の因幡堂 まだきしおりの秋の山
嵯峨初嵐 身に泌みて 露時雨降る頃よりも
すきもて遊ぶ埋火の 春に移れば 天が下
賑おう民の煙立つ それは塩釜ちかの浦
塩汲む海女の腰蓑の あづまからげやあづま路や
清洲の里の散り椿 咲きも残さぬ角の倉
藪の中なる香のもの ト伴 侘助 唐椿
八千代尽きせぬ花の数


解説:

歌詞は洲兵という人の作となっています。
とにかく椿の名前がたくさん出てきます。いくつあるかわかりましたか?
ちなみに、本阿弥光悦というのは江戸初期の画家であり、工芸家でもありました。
少授導職格試験の曲です。

「春秋のつらつら椿で名高い鷹が峰
そこに住む本阿弥光悦の名をとった本阿弥の花の色は
絵画に写した絵などどうして勝れて妙なることがあろうか
とても及ばない。妙という字のついた妙蓮寺椿も優れている。
薄紅に濃紅色の花は妙蓮寺と同じ形の因幡堂椿。
不十分な絞り染め色の秋の山椿、嵯峨、初嵐は身にしみて
露、時雨降る頃からは好んでもてあそぶ埋火椿
春になれば天が下椿は繁盛する民のかまどから煙が立ち上る
それは塩釜、千賀の浦、塩汲む海女の腰蓑をした吾妻椿
その褄をからげて歩いていく吾妻路や清洲の里に散る椿
咲き残さない角までもの角の倉椿、藪の中に咲く香りの高い
香の物、沢庵ではない朴庵、侘助、唐椿
八千代椿ではないが八千代に尽きない目出度い花の数々」

分類: