桜川

光崎検校

調弦【三絃】二上り

調弦【箏】半雲井調子(双調)


歌詞:

あらたまの 春は氷も解け初めて
浪の花こそよすらめと
瀬々の白波しげければ 
霞ぞ流す 浮島の
げに面白や 昔の春も今もなほ
変わらで花の 麗しく 水も濁らぬ桜川


解説:

謡曲『桜川』で有名な、常陸の桜川(筑波川)を歌ったもの。
一部謡曲の詞章によるが、謡曲そのものとは無関係。
初段に『八重霞』の手事一段を地として用い、二段に砧地を合わせる。三絃替手もあり、三絃合奏もある。

分類: