空蝉

北島検校城春

調弦【三絃】本調子


歌詞:

一 空蝉のあるかと見れど 面影の影もあやな
  香を留めし小夜衣 蛻けし人ぞ恋しき
二 尋ねてもなかなかに あはでの森の逢はでのみ
  情なきものは命にて 独り胸をや焦がすらん

三 夜々にも我が袂 濡れつつ増さる恋心
  人こそ知らぬ忘られぬ 身の程いかで侘びまし

四 恋しゆかしと情なくも 甲斐なき世にも住吉の
  松は我が身の思ひにて 逢はでや年を経るらん

五 思ひ重ねて年月を 経れば昔の懐かしく
  思ひ出でたる今宵しも 涙に雨や誘ふらん

六 とにかくにとにかくに 真実のあらば荒磯の
  波の彼方に隔つとも 寄る辺のなどかなからん


解説:

【三味線組歌 中許】

源氏物語の「空蝉」を題材としている

一 空蝉が居るかと思ったが、空蝉という言葉のように
  もぬけの空で、影も形も見えないのは理不尽である。
  脱ぎ捨てた衣に残っている香りは、逃げ出した人への
  恋しさを余計につのらせる

二 いくら尋ねても「あわでの森」ではないが、
  なかなか逢えないばかりだ
  いっそ命が燃え尽きてしまえばよいものを
  情けないことに、ただ独りで胸を焦がしているだけである

三 夜な夜な涙に袖が濡れまさるほど、源氏のことを思う
  気持ちは増すのだが、人は知らないだろうが
  源氏を忘れかねるこの身をどうのようにかこつべきか

四 お互いに思いながら、逢うわけにはいかなかった
  仕方の無いこの世の中に住んでいるが
  いつかは一緒に住むことができようかと待っているのは
  私の心の中だけの気持ちで、結局は逢うことも無く
  年をとってしまうのであろうか

五 恋しい思いを重ねながら年月が経てば、
  昔のことが懐かしく思い出されて、今宵はことに涙が溢れ
  雨を呼ぶほどである

六 とにかくお互いに真実の気持ちがあれば、
  どんな荒れた浪に隔てられていても、船の寄る岸辺が
  必ずあるように、いつかは寄り添うことがないはずはない

分類: