吾妻獅子

峰崎勾当

調弦【三絃】三絃本手: 本調子→二上り 三絃替手: 三下り→二上り

調弦【箏】平調子


歌詞:

昔より言い慣はせし 東下りのまめ男
慕ふ旅路や 松の枝の 富士の高値に白妙の
花の姿に吉原訛り 君が身に添ふ牡丹に馴れて
己が富貴の花とのみ 弥猛心の憎からん
思ひ思ふ千代までも 情けにかざす後朝に
糸竹の心乱れ髪 歌ふ恋路や露添ふ春も
呉竹のかざす扇に写す曲
花やかに 乱れ乱るる妹背の道よ
獅子の遊びに幾代まで
変はらぬ色や めでたけれ


解説:

三絃の三下がり替手 石川勾当作曲
京都の箏の手 浦崎検校作曲

「伊勢物語」の業平を気取って江戸に下った男が
吉原の遊女となじんで、後朝の別れを惜しみ
扇をかざして獅子を舞う
獅子の狂いの乱れに恋の乱れを掛けて
花やかな手事がついている

分類: